Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

元気なおじいちゃんやおばあちゃんはうどんではなくステーキを食っている

木坂さんのパフォーマンスセミナー
初日の講座は今回でラストで。

1.腸内環境の適正化
2.脂質摂取の最適化
3.抗酸化と解毒


の話から最後に参考として解糖系とミトコンドリア系の話。

僕たち人間は解糖系とミトコンドリア系の
2種類のエネルギー生成機能を持っている。

はるか昔、、、
人類の祖先である原核細胞は
解糖系しか持たず「酸素」という
猛毒に触れたら即死していた。

そして、もともとミトコンドリアは
猛毒である酸素を利用して
エネルギーを作ることができる
外部の細菌だった。

ミトコンドリアはある原核細胞に寄生し、
そこから共生が始まって
今にいたるという進化の歴史がある。

こうして僕たち人間の祖先は酸素の恐怖から解放され、
効率のよいエネルギーシステムを手に入れたが
同時に、、、

酸化=老化

という代償も引き受けなければならなくなった。

一瞬で!短く!という特徴をもった解糖系と
ゆっくりと!永続的に!という特徴を持つミトコンドリア系。

興味深いのは、、、

ミトコンドリアは女性の情報しか引き継がないということ。

あらゆるものをエネルギー源として使えゆったりまったりといける
ミトコンドリア系と瞬間のパワーの解糖系。

また、ミトコンドリアは固有の遺伝子を持っている
というのも興味深いところだね。

糖質制限の意味についても話があったけど、
これは解糖系ではなくミトコンドリア系で生きて行く
というライフスタイルの選択だ、と。

解糖系依存から抜けられなくなって
癌になってしまうという仮説もあるのだとか。

歳をとったらゆったりまったりのミトコンドリア系に
シフトしていくのが自然。

元気なおじいちゃんやおばあちゃんはうどんではなくステーキを食っている

っていう例えが秀逸。

解糖系とミトコンドリア系は向き不向きがあり、
バランスが大切。

中年太りは糖質依存、
神経系の病気や精神系の疾患も
交感神経に関係する解糖系によるものだと。

そして、いよいよまとめに。

肉体のミクロ的な健全性はすべてのベースとなる、と。

人間の身体は1年で90%が変わり、
1ヶ月で75%変わる。

脳は7年かかるという話だった。

だから、次につくるものをよくしよう
という発想だと。

今悪いところを治すというものではなく、
1ヶ月後の75%をよくするための戦略。


「効いた!」という派手な実感を期待しないことだと
締めくくられた。

むしろ「何も感じない!」という状態が最適な状態。

肉体に意識を「向けないで」生きていけるようにするのが
目標だということだった。

では、パフォーマンスセミナーの初日はこんな感じで。

2日目のセミナーは、、、

また気が向いたら書いてみようかな。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、



関連記事一覧

  • 佐久間

    ちょうど、僕も、自分が糖質過多であることに気付きました。
    シンクロしてます。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes