Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

佐治町。たんぽり村まつりに行ってきた。

以前、ブログでも紹介した
「いちまいのおさら」名義で
活動する幸田さん。

その幸田さんが主催する
「たんぽり村まつり」に
行ってきた。

佐治町の町おこし的な意味合いもある
イベントだけど、なかなかおもしろいコンセプト。

いろんなワークショップが開催されてるけど、
たんぽり村まつりは、
「暮らし」をテーマにしている
3日間滞在型のイベント。

3日間だけのコミュニティ、
村をつくってしまおうっていう発想がおもしろい。

もちろん3日間滞在しなくてもよく、
スポットでの参加も可能。

「たんぽり村まつり」だけだと、
「プロジェクト那岐」と同じくらい
抽象度が高い。

なので、チラシから説明文を引用しよう。



たんぽり村まつりとは?

佐治町では、川を掘って理想の場所を自分でつくるイワナのことを“たんぽり”と呼んでいます。そんな“たんぽり”のように「こんな暮らしだったらいいなぁ」という理想村を作るため、昔ながらの暮らしが残る中集落を舞台に、県内外で魅力的な暮らしを実践するよそ者、地元住民、地域おこし協力隊、行政と地元企業が協力して3日間だけのコミュニティ「たんぽり村」を2014年に開村しました。

今年も地元集落を歩くツアーや火を囲みながらの塩づくり、太陽光による自家発電、薪料理、地域通貨、夜には薪でわかす五右衛門風呂、夜の語らいの時間、飲食はもちろん音楽や住まい、医療など過去と未来の暮らしを体験できる、「暮らしとコミュニティ」をテーマにした滞在型イベントをおこなう予定です。



という感じ。

このくらい具体的で一般化してもらうと
イメージしやすいと思う。

このようなコンセプトなので、
食、エネルギー、子育て、アート、医療、移住など
いろんなジャンルのブースがでていた。

森の幼稚園すぎぼっくりやカフェぽすとも出店。

知っている人たちもたくさん来ていて、
タルマーリーのお子さんたちとも会った。

イベントも行われていた。

僕が行った二日目には、ちょうど

地域での子育て ~よさと課題、これから~

というトークイベントが行われていたので、
オーガニックマーケットに出店している
お店で購入したサンドイッチや
カフェ「ぽすと」のプレートを食べながら
話をきく。

初日には、食と職 ~百姓として生きる~
三日目には、移住、住みたい地域
というテーマでトークイベントも行われたみたい。

岡山で治療院をやっている下山田さんの
ミニセッションも受けてみた。

ホメオパシー、フラワーエッセンス、バイオケミカルの
ミニセッション。

フラワーエッセンスは
18年くらいやっているらしい。

東洋医学にも明るいという話。

本当は身体の反応をみながら
(左右の足の長さチェックなど)
問診をするセッションらしいのだけど、
今回はミニセッションということで、
問診だけだった。

レメディーは処方されず
問診だけで、あとでメールで診断結果を
送ってくれるとのことだった。
このような感じで、
村の空気を吸ってきたわけだけど、
明確なコンセプトがあると
強いコミュニティができると改めて感じた。

それでは、また。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes