Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

人間は疲れると楽なほうへ流れる習性がある。

FullSizeRender (5)

「そういう時に日頃の積み重ねを
問われるんだよ。」


・・・これは、
漫画「あさひなぐ」に
登場する寿慶のセリフ。

寿慶は、薙刀部が夏合宿を行うために
訪れた寺の副住職で、
部員たちを想っての
言葉だ。

今月からワイルドサイド部を
始めたこともあって、
共感することが多かったので
引用した。

苦しいときこそ、
日頃の積み重ねを問われる。

ワイルドサイド部も
部活動ってだけあって、
遊びではなく(遊びの要素も強いけど)
ストイックにやることを
やっていかないとなって
よく思う。

スパルタにっていう
方向ではないけど、

寿慶の言葉にあるように、、、

楽な方へ流れる習性があるのだから、
それを忘れずに精進しないといけない。

楽な方に流れるのは、
僕もあなたも例外ではない。

ハイデガーが指摘するように、
ダスマンやダーザインは
誰でも持っている。

両方の側面がある。

あなたがバカにしている
大衆のひとりが
あなた自身かもしれない。

楽な方へ流れ、惰性で過ごす。

そういうつもりではないとして
理由はいろいろつけるだろうけど、
結果的に後回しになっていたり、
できなかったりというのは、
結局は、楽な方へ流れているだけなのだ。

荒野を歩くってことは楽ではない。

舗装された道を歩く方が
快適だし、楽に決まっている。

誰かに依存するのもいっしょだ。

そういう道を選び、歩くことは
僕はそれはそれで
ひとつの選択肢だと思っている。

これは、
「たとえば、僕がガンになったら、、、」
にも通ずる話だけど、
問題なのは、自分にウソをつくことだ。

本当は楽して舗装された道を歩きたいのに、
無理をして荒野に飛び出ることを選ぶ。

もしくは、その逆もあるね。

こんなはずじゃなかったのに、、、

と、思いつつも捨てきれない自我とこだわり、
周りが求めるもの、、、
理想と現実のギャップ、葛藤。

そういったところで苦しむ。

そして、やっかいなのは、
この葛藤に解決策はないということだ。

何を選んだとしても
誰かに言われてやったとしたら、
それは薬にならない。

特効薬に見えるかもしれないけどね。

大切なのは、自分で選ぶこと。

選びつづけることしか
道はない。

そう考えたら、
こちらが相手にできることは、、、

これまた寿慶がよいことを言っていて、、、

「できるだけ高い壁をこしらえてやることだけ」

これだけになってしまう。

目の前に立ちはだかった
高い壁をどうするか、、、

もちろん選択するのは、
あなた自身だが、
いっしょに考え、
いっしょに進むことはできる。

自戒の意味を込めてだけど、
4月ももう半ばだからね。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


PPS)

今日、引用したあさひなぐの3巻の
1シーンはこちら、、、

寺で合宿ってよいね。

FullSizeRender

FullSizeRender (1)

FullSizeRender (2)

FullSizeRender (4)

FullSizeRender (3)



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes