Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

人生を棒に振る方法

木坂さんの1年間の講座
「知のネットワーク化セミナー」
が完結した。

この講座は1年間(全10回)で
あらゆる知見をネットワーキングさせ、
どうアウトプットしていくか、
というコンセプトの講座。

毎回、10冊の課題図書があり、
その10冊をもとに木坂さんが
セミナーという形式でアウトプットする。

で、今までの流れも踏まえて
数珠繋ぎにシナリオを紡いでいく、
そんな講座だった。

10冊×10回で全100冊の本で
1枚の絵を描く、というなかなか壮大な
スケール感の講座。

なので、僕の受講の仕方も
この課題図書なら、
こういうテーマでアウトプットするな、
とか、そのようなテーマにするなら
この本を入れたいな、とか、
自分がアウトプットするならこれ、
という態度で望んだ。

もちろん、木坂さんと重なったときもあるし、
違ったカタチになるときもあって、
そのシンクロやズレを楽しんだ。


そして、つい先日。

ラストの10回目が終わった。
(今月末にオマケのもう一回をやるみたいだけど)

ラストのネットワーキングは、
フランスでのテロを取り上げたワークから、
テロリストが育ちやすい国(エリア)、
日本のリスク、宗教、イスラム教や
イスラム国について、ジハードなどなど
歴史や政治、思想に関する話から、
自分たちの実生活でどうなのか、
というメッセージだった。

そのなかに、

「人生を棒に振る方法」

というのがあったので、
紹介しよう。

このセミナーの、
もっというと1年間の講座の
文脈が共有されていないので、
わかりにくいかもしれないが、

人生を棒に振る

には、どのような方法があると思うだろうか?

どんな方法をイメージするだろうか?

少し考えてみてほしい。

・・・

・・



木坂さんの結論、
メッセージはシンプルなもので、
人生を棒に振るためには、、、

「一発逆転」を狙うこと

としていた。

テロリストでも起業家でも
主婦でもアーティストでも、
人生を棒に振ることができる、
と。

これを地道に継続していけば、
ほぼ間違いなく人生を棒に振ることができる、
というメッセージだった。

「一発逆転」を狙うを、
別な言い方をしたら、
「答え」を求める、
「正解」を探す、
ということ。

これは特別なことではなく、
僕らも含めて多くの人が陥る罠だと
木坂さんは指摘する。

ナチスを支持したハイデガーのように、
天才と呼ばれる学のある人間でも
一発逆転を狙うことはある。

日頃訪れる一発逆転の誘惑に負けない、
おいしい話、甘い話に乗らない、
そういった態度が大切だと。

世の中のほとんどは「正解」がない。

何か答えを探そうとする姿勢こそ
一発逆転の発想だと。

逆に、人生を棒に振ることができないのは、、、

「謙虚」な生き方

だというメッセージ。

「謙虚」というのは、
世界を客観的に認識している状態
だとここでは定義していた。

ハマーソルドの言葉を引用しつつ、
尊大でも卑屈になっても謙虚さに欠ける、と。

人間の器の大きさとも言える、

「宙ぶらりんに耐えられる時間の長さと成功の大きさは比例する」

という木坂さんなりの法則を提示もしてくれた。

「謙虚さ」というのは結論を先送りにし、
どこまでも客観的に慎重に生きる姿勢のこと。

としながらも、こう付け足していた、、、

ただし、「即断即決の重要性」とはバッティングしない

と。

一見相反するこの考えが同じなのだとわかると
ブレイクスルーがおきると思う。

綿菓子のたとえは秀逸で、
ぐるぐる回す綿菓子機で、
早く食べたいからって焦って
食べると結果、綿菓子は小さいもの、
でも、結果をすぐに出せずに、
グルグル回し続けられるひとは、
結局、最後には大きな綿菓子を
食べられる、と。

こーしたほうがいい、
あーしたほうがいい、
と「答え」を求めずに、
辛抱強く回し続けること。

目の前のことにコミットし続ければ、
美味しい綿菓子がたくさん食べられるだろう。

あなたはどう思う?


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、



関連記事一覧

  • 佐久間

    「一発逆転」は人生を棒に振り、
    逆に「謙虚」は人生を棒に振ることができない。

    これが人生の浮き沈みの分岐点でもありますね。
    これからの指針にしたいと思います。ありがとうございます!

    • そうですね。

      「一発逆転」は大きなことではなく、常日頃の僕らに迫ってくる「選択」のときに訪れる、、、そんな甘い誘惑です。

  • Slow Man

    「継続は力なり」
    昔から言われていること。
    でも多くの人ができていないこと。
    うまくいこうがいこまいが
    無関係に一つのことを
    し続けることができたら、
    もっと深くて広い世界を
    現時点でも見ることが
    できていたかも、と思います。

    • いまからでも間に合いますよ!

      コツコツ泥臭くいきましょう。

  • MAKIER

    0の状態を、ずっと続けると、ある時、1になる。
    0だと思っていても、なにかを続けていると、ある時、神様の前髪が見えてきて、
    それを、つかむのは今だとわかるのかな。
    答えや正解を探さずにいることは、難しいですが、
    美味しい綿菓子をたくさん食べたいです。

    • 美味しい綿菓子をたくさん食べたいですよね!

      かき回している棒をいきなり引き上げずに、じっと耐えて回し続けましょう。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes