Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

不自由のススメ


今、重要でないものをあきらめれば、
後で重要でないことをあきらめないですむ。

リッチシェフレン


リッチシェレフンの教えは、
いたってシンプルで、
自分の強みにフォーカスして集中せよ!
というものだった。

逆に言えば、
強み以外のことはやらない
ということ。

メトリクスの
その他の興味深いデータを無視する
というのといっしょ。

重要なことに集中し、
強みに特化するために、
やらないことを決めるというのは
僕も大切なことだと思う。

人間の意志力とは頼りないもので、
限られている僅かなもの。

さらに、その限られた意志力を奪うように
僕たちの周りに誘惑が溢れている、、、

SNS、スマホ、インターネット、、、
意志力を奪う環境。

この環境に適していくには、
「積極的に」やらないことを決めていくことが
有効だと思う。

ケータイの電波が届かないところに
身をおくというように、
強制的にやらないこと、
できないことを増やしていけば、
限られたことに集中せざるを得ない。

ほとんどの人は足し算で考えてしまって、
いろんなことを取り入れようとするけども、
大切なことは引き算。

いかに新しい情報に触れないようにするのか、
新しい誘惑に引っかからないようにするのか、
ひとつひとつシャットダウンして、
不自由な状況にしていけば、
未来への自由とつながっていくだろう。

強みに特化して、
負けない試合はしない、
自分だけの土俵で戦う
みたいなことを木坂さんも言っている。

今井先生も、たとえば
インカムアッパーを決めるだとか、
わざと大きな仕事を取りに
行かないようにするとか、
これまた同じような発想だ。

全て共通しているのは、
できること、強みにフォーカスする
ということ。

シンプルで当たり前のことなんだろうけど、
ついついいろんなことに
目が行きがちになってしまうからね。

受信トレイをキレイにしてはいけない

みたいな教えもあるみたいだけど、
手放していく、やらないままにしておくって
大切なことのように思えるね。

さあ、積極的にやらないことを増やしていこう。

いま、重要でないものを手放していけば、
将来の「重要なこと」をあきらめないですむのだから。

ではでは、今日はこのへんで。

良い週末をー。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes