Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

不老不死、不労、平和、宇宙への移住が達成された後には、、、

1bb3bea4昨日の続きね。

AIからAGI(artificial general intelligence)へと
進化するとコンピュータがやってることを
人間は理解できなくなり、人間よりどの程度優れているかさえも
わからなくなるという話だった。

木坂さんは人間とカブト虫の関係に似ていると
たとえて説明してくれた。

カブト虫がやってることを僕たち人間が観察して
なに変なことしてるんだ〜と思う、
でも、今度は逆に僕たちがカブト虫の立場になって、
高次のコンピューターに同じように思われるだろう、と。

常に最適な判断を(人間の代わりに)AGIが自動的に行ってくれる。

AGIが脳で、世界中のデバイスが五官である
ひとつの生命体のようになるだろう、と。

スパコンの速度でいうと、
中国製が最速だけど、
いまは速度よりもGreen500という
省エネランキングが重視されている。

で、2015年の上位5位のうち
4つは日本のスパコンで、
2016年の6月だったかな、
のGreen500の1位と2位は日本のスパコンだと。

そのスパコンの京の総ケーブルは
1000Km。

東京から福岡くらいまでの距離ほどの
ケーブルの長さなのだとか。。

1日の電気代は700万円で
約3万世帯の電気の消費量。。。

これを100階建てにして
やっと1エクサというから、
いかに小さくコスパよく下げていくことが
重要なことかよくわかるね。

エクサスケールのスパコンが実現すれば、、、

1.資源・エネルギー問題の解決
2.食料問題の解決
3.衣食住のフリー化
4.健康・老化・寿命の解明
5.安全保障概念の大幅な変更


などが実現していくと言われているみたいで、
エネルギーや食糧、人口、軍事力という国力の根幹にあるもの
すべてがスパコンと連動していく。

妊娠や出産、老化の概念の変化、
定義変更が行われる。

病気どころか死や老化がなくなり、
1万年生きられることもできる。

運命の人とも出会える。


で。

この講座は歴史学+地政学。

狩猟時代や農耕社会、資本主義社会、
情報社会などいつの時代も特に重要とされるものが
あって、これからの時代、重要視されることを
踏まえて判断していかないといけないということだった。

最終的に人間が行うべき仕事は
ゼロになるってことだけど、
歴史的にみても
人間の労働時間は一貫して
減っているし、
自由時間が余るということ。

木坂さんも強調していたけど、
こうすべきというべき論でもなければ、
良し悪しの話でもなく、
こうなっていくんだという
存在論の観点からの話。

こういう時代になっていくのを踏まえて、
自分を進化させるためにどう活躍していくのか
ということが大切なこと。

永遠に1歳半で20歳で亡くなった
ブルック・グリーンバーグさんの話が紹介されたけど、
こういった症例が発見されたから、
将来的には不老も実現するだろう、と。

ベールに包まれた老化の秘密が解けそう
といいうこともある。

AI(AGI)やスパコンのおかげで
不老、不死、不労、平和、宇宙への移住が
達成する。

こんな時代に果たして
僕たち人間はどんな生き方をするようになるのか?

特に、子どもや孫たちなど
次世代を担う若い子たちが生きる時代が
こうなっていくというのを踏まえて、
親としてどういう判断を下すのか。

時代の移り変わり、
過度期にどんな活動をしていくのか、
仕事や暮らしなどライフスタイル全般含めて
未来へ向けたチューニングが求められている。

あなたはどう思う?


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


いいカバーだね。

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes