Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

三たび人間セミナー

ビデオ撮影されない木坂さんの人間セミナー。

過去2回ほど開催されたことあるから
今回で3回目。

前回開催されたのが
2013年のこのくらいの時期だから
もう4年前かー。

じゃあ1回目は5〜6年前になるのかな、
ついこの前な気がするけどずいぶん昔。。

なんだか年寄りじみた感じだけど、
何はともあれ3回目となる人間セミナー。

テーマはいつも木坂さんと同じで、、、

自由に生きる

ということ。

自分がどんな風に世界をみているのかフィルターを知って、
より「本質」に近づこうじゃないかというもの。

「性格」「気質」という名の“足枷”をはめられて
生きているので、真に自由に生きるために
“足枷”を外していこう、と。

見た目から内面はだいたいわかるということで、
見た目の“印象”や“雰囲気”から
6つのタイプに分類し、各タイプに固有の状態を知って、
人生のムラをなくしていこうっていう内容で。

あなたはこういうタイプだからこうだ、とレッテルはるものでもないし、
占いみたいに楽しむというコンセプトでもない。

ショックなことがあったときのリアクションを客観視したり、
自分や周りの人たちの成長、進化に役立てるツール。

あくまでツールだから絶対ではないし、
精度も80%ですよ、と木坂さんは言っていた。

こういうの好きな人って盲信してしまうからね。

盲信して絶対視してしまうと
より近視眼的になって目が曇ってしまうし。

便利なツールのひとつくらいに捉えておかないとな
とはよく思う。


さて「性格」である。

この人間セミナーでは
傷ついた自我をカバーする
カサブタやギブスのようなもの、
と定義していた。

幼少期に満たされなかった基本的なニーズの穴を
埋めるために発達したものと解釈。

「性格」というのは傷の場所や
今後癒す必要のある場所を教えてくれる
手がかりになるもの。

お菓子を食べちゃダメ!
と怒られた子どものリアクションは様々。

泣く子もいれば癇癪をおこす子もいれば、
黙って静かになる子もいれば、
こっそり盗み食いする子もいる。

そういった対応の仕方、カサブタを通じて
タイプを知ることができる。

タイプによってカサブタの作り方は変わるから。

本質へ戻ろう、本来の自分として生きようという思いがあるのに、
それができないのは、性格という「殻」に閉じこもり、
安全を確保する術を数十年間磨き続けてきたから。

自由はあるはずなのに感じられない。

だから、自由を感じる本来の自分になろうという
メッセージだね。

「生理学者にあらずんば、心理学者にあらず」

というヨハネスミュラーの言葉の引用。

身体みれないと心なんてみれないよってことで、
この人間のタイプ論は見た目から入る(←ココ重要)。

その人の性格や抱えがちな悩み、困難、
向いている仕事などは見た目からある程度は理解できる。

し、実際に僕は使っている。

組織編成なんかでもね。

6タイプを発表したあとは、
ケーススタディとして
何人かのひとや作曲家列伝など。

これは前回同様だった。

同じ仕事をしていたり、
作品をつくっていても
タイプによってモチベもアプローチも異なる。

慣れてくると作品やモノから作り手は
何タイプかわかるようにもなってくる。

たとえば、この前タケノコを食べに行った
京料理の大将は典型的な叶姉妹タイプ。

料理にも色濃くでていて、
華やかであり重厚。

自分の理想の追求って感じも
でていて典型的な叶姉妹タイプだなってのがよくわかる。

長くなってしまったので、この辺にしようかな。

初日のセミナーのまとめとしては、、、

タイプというのは傾向であって
そのタイプを超えた先に本当の意味での
「個性」がある


って感じだった。

心も身体といっしょで正しく使わないと衰える。

道具としてのタイプ論。

自分を高めるツールとして、
相手を深く理解するための道具として。

2日目も楽しみだ。


島田晋輔

PS)

では、作曲家列伝にも登場したハイドン先生の一曲を、、、



姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes