Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

リッチシェフレンのメトリクス

先日、リッチシェフレンのBGSの4回目のグルコンがあった。

半年かけて、BGS(ビジネスグロースシステム)を
実際にその場でワークを行い仕組みを構築していくプログラム。

全6回中4回目まできた。

残すところあと2回の折り返し地点。

ファシリテーターの中谷さんや参加者のおかげもあって
毎回、学びや気づきが多い。

今回もいくつも収穫があったんだけど、
そのなかでも特に
リッチシェフレンの考えるメトリクスは
いろんなプロジェクトで取り入れたいな、
と思った。

メトリクスは文字通り「評価基準」のこと。

ビジネスの現場だけでなくて、
たとえば、スポーツなんかでも
使われてるよね。

野球にもサイバーメトリクスなんていうのがあるし。

中谷さんはメトリクスがビジネスの全てじゃないか、
みたいに強く重要性を言っていたし、
実際に僕も最近はメトリクスの大切さを痛感している。

単純にデータをとって数字で評価していく
というものではなくて、
リッチの考えや設計は
もっともっと奥が深い。

そして細かい。

ここまで緻密に設計したら、
そりゃ、うまくいくだろうな、と。

ただ、注意が必要なのは、
細かく設計する分、
前提となる部分をしっかりしておかないと
そのあとどんなに一生懸命つくっても
脆いものになってしまうということ。

家といっしょで、土台がしっかりしていないと
その上に建てる建物が貧弱になってしまうのと同じ。

だから、まずは土台をしっかりつくるために、
計測しましょう、ということ。

ほとんどの経営者や起業家は
そもそも計測していない。

みていても売上だけ、とかね。

こんなブログを読むマニアックな人たちは
売上以外のいろんなデータを計測して
活かしているだろうけど、
ここにも罠があって、、、

見なくてもいい数字をチェックしすぎている

という本人も気づいていない問題点。

これは、僕自身やSWSにも言えることだけど、
興味深いデータについつい引っ張れれていろいろ見てしまう。

よくあるのは、たとえば、読者数とかアクセス数とか、
コンバージョン率とか、いいね!の数とか、反応率とか、
お問い合わせの数などなど。。

そういった数字に振り回されてしまう人が多いだろう。

世の中には興味深いデータがたくさんあって、
それ自体をみるのは楽しいだろうけど、
ほんとにそれって重要なの?ってこと。

みなくてもいいところを見すぎている

これこそがうまくいかない原因のひとつだ、と
リッチはいう。

木を見て森を見ずという言葉があるように、
枝葉にとらわれていては、
いくらがんばってもモノゴトは改善しない。

大切なのは、

重要な数字だけを管理する

ということ。

これは裏を返せば、

その他の興味深いデータを無視する

ということだ。

そのためには、会社や事業にとって、
なにが重要な数字か、把握しておく必要がある。

コアドライバーの設定とも関連するけど、
(ちなみにリッチのコアドライバーは
 アクティブなクライアントの数らしい)
まずは、計測基準をつくること。

計測基準がないのに、
どんなにがむしゃらにがんばったって、
大量に行動したって、結果がともなわないのは
あたりまえ。

とにかく動けばいいと勘違いしている人たちが多いって
中谷さんは指摘してたけど、僕もそう思う。

枝葉ではなくて、しっかりと幹を捉え、
きちんと基準、ルールをつくって行動していかないと
時間や労力、お金といったコストを無駄にかけてしまう。

計測が容易で、影響力があって、
広くに受け入れられる
優れたメトリクスを設定しよう。

とにかく設定した
重要な数字だけを管理すること。

それ以外の興味深いデータを無視することだ。


島田晋輔

PS)

そうそう、中谷さんが話していたけど、
中谷さんの会社の事務所が入っているビルの1Fの経営者。

飲食店だったか、通販だったか、どんな会社をやっていた
と言っていたかは忘れてしまったけど、
つい先日、自己破産した、と。

長く続いている会社だったけど、
変化に対応できずに、
潰れてしまった、という話だった。

なぜ、こんなことが起きてしまうか、というと、、、

ピンチになってから動くからだと
中谷さんはいう。

もっと普段からきちんと管理しておけば、
早くにカバーできただろうって。

体調管理にも似ていて、
病気なんかでも早めに兆候をキャッチして
手を打っておけばよくなることが多い。

末期になってから動いているのは
遅いよねって。

これは他人事ではなくて、
自分たちにも言えることだから、
今からしっかり準備していけたら
って僕も思っている。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、











関連記事一覧

  • Slow Man

    言葉の定義を理解するのに
    時間がかかりすぎ。
    これは能力の問題もあるから
    仕方がないところもあるのですが
    結果
    時間がないとか
    心の余裕がないとかになって
    整理できず仕舞いで終わる。

    この焦燥感、不安感が
    根幹的な問題の一つかと。
    こういうの解決するためには
    どうすれば良いのか、もしくは
    そのまま保留にして進むべきなのか
    悩みます。

    • http://artistinnovation.net/?p=2495

      こちらのブログに書きましたけど、まずは「体力」をつけること。

      時間がないとか余裕がないというのは正確ではなくて、実際にはエネルギーがないだけだ、と。

      エネルギーを高めるためにトレーニングをするのはもちろんのこと、無駄なことをやらないようにすることが大切。

      無駄がまだまだ多いと思うので、整理して思い切っていろいろなものを捨ててみましょう。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes