Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

リアルな沖縄の続き、、、

昨日、記事にした歴史学・地政学のセミナー。

人類の大移動や歴史学者グレゴリークラークの話を
書こうと思ったけど、に感想のメールがきたので、
シェアしつつ、書こうかと。

こんなメール、、、


島田さま こんにちは。

Nと申します。

ありがとうございました。 記事読ませていただきました。

なるほど、沖縄県が貧困なのですね。


私は秋田県に住んでいるのですが

秋田県は、県消滅候補ナンバー1と言われています。

また、秋田県は

自殺率 や ガン死亡率 高齢化率など 様々な点でワーストを誇っています。


沖縄県も産業がないという内容でしたが、

秋田県も産業がなくなっています。

というか人口減少率が日本国内でワースト1位ですので

人口も100万人をまもなく割ります><



私も、年中無休で働いて年収200万円弱くらいで

10年以上前からネットで稼ぎたく、起業したいと思っていますが

もう不可能そうです。


それでも、なんとか木坂さんのセミナーにだけは一生

死ぬまで一度でいいから出たいと思っています。



まだ、木坂さんのセミナーは届いていませんが

0回目 と 1回目 を 楽しみにしています。


ありがとうございました。

N


メールありがとう。

秋田県に住むNさんから頂いた。

これをいただいて、訂正しないといけないな
と思ったのは、、、

沖縄が貧困というわけではない

ということ。

昨日のブログにもはっきりとそう書いたと思うのだけど、
印象として、貧困というイメージになってしまったのかな、と。

昨日の記事で「リアルな沖縄」で
伝えたかったのは、、、

格差状況が日本のトップランナー

ってこと。

格差があるってことが大切で、
貧しい人たちがいれば、
裕福な人たちもいるってこと。

年収20億の軍用地主と年収80万円の人とか。

で、木坂さんが注目しているのは、
沖縄は日本を先取りしているという点。

要するに、沖縄だけが特別なわけではなくて、
これは日本どこでも起こりうるということ。

ただ、他のエリアに比べて
ちょっぴり先を行っているだけであって、
どこでも起こりうるという話だった。

まあ、これは日本に限らず世界のあらゆることで
おきている状況だけど、二極化だよね。

富めるひとはどんどん富んでいき、
貧しいひとはどんどん貧しくなっていく。

どちら側に入るかが大切で、
中間層がなくなっていくというのが
ポイント。

どっちが良い悪いってのは、
判断が難しいけど、
自分の意図した方に
進んでいるかどうかが重要。

気づいたらこっち側にいた
っていうのが怖いからね。

意識して自分の場所を確保しているのか、
望む未来に歩んでいるのか、
そのあたりのチェックが大切だね。

ではでは、今日はこのへんで。

また明日。


島田晋輔

PS)

Nさんのメールで、、、

10年以上前からネットで稼いで起業したいてあるけど、
こういう相談をもらうと、僕はどちらかというと、
あんまりオススメしませんよ、
と伝えている。

インターネットって便利で
可能性に満ちているツールだけど、
稼ぐのはたいへん。

理由はカンタンで、
参入障壁が低いから。

参入障壁が低くて、
誰にでも取り組めるってことは、
それだけ競合するし、
工夫も必要ってこと。

ちょっと小銭稼ぐとか、
副業としてプラスアルファぐらいなら
いいかもだけど、起業するってなったら、
参入障壁が高いものの方がいい。

なぜなら、参入障壁が高かったら、
誰も真似できないから。

自分だけの強固な要塞を築いて、
一人勝ち状態になることも可能だから。

いつも満員御礼のシューフィッター養成講座とかね。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、


樹海さん、童顔すぎて子どもに見える(笑)

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes