Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

ブリストルからのお客さん

うぃる27年前、結婚を機に
イギリスのブリストルに移住した
友人のイチさん。

名古屋で音楽活動してたときに
交流のあったアーティスト。

奥さんも音楽家のレイチェルダットさん。

今回ジャパンツアーで、
帰国していて、我が家に来てくれている。

ちょうど昨日、神戸でライブがあって、
今日は鳥取、明日は広島というツアーらしい。

同じくいっしょにライブ活動している
ウィル・ニューサムさんと、
イチさん夫妻の小さなお子さんたちと。

小さなお子さんたちとライブツアーで
たいへんそうだけど、
毎日充実してそうで良い生き方だね。

好きな音楽をやって、
自己表現をして生活している。

ブリストルはミュージシャンやアーティストが多い街らしく、
みんなギターが弾けたり、歌がうまっかたりするらしい。

日本人はほとんどいないみたいだけど、
音楽活動をするには良い環境だとか。
(子育てもにいいとか)

イチさんは太陽が好きみたいだから、
イギリスの曇天模様が合わないみたいで、
春と夏はさいこーなんだけどなって
言っていた。

ウィルさんは音楽以外に
船乗りの仕事もしているみたいで、
船が好きらしい。

この前、プライベートでイギリスから
カリブ海まで25日くらいかけて船旅をした
なんて話してくれた。

フライフィッシュが甲板に跳ねてきて、
それを獲って食べたりしていたなんて
なかなか楽しそう。

イチさんの音楽もパフォーマンスや
見た目含めて子どもでも大人でも楽しめるから
先日行った御柱祭コンサートの出演者候補でも
あったんだよね。

今回もスケジュールがあわなくて
ライブにならなかったけど、
いつか智頭町でも演奏してもらえれば。

世界を舞台に活躍している
アーティストだからね。

あのイギリス最大フェスの
グラストンベリーに出演もしているほど。

グラストンベリーフェスって
1970年から始まってるから、
ウッドストックと同じ時期に開催されていたフェスだね。

この伝統あるイギリスのフェスに
出演したことのある日本人アーティストって
スカパラとか渋さ知らずオーケストラとかくらい?
かな。

そうそう、この前来てくれた知久さんとは
共演したことはないらしいけど、
いっしょに公園で遊んだことあるらしい。

滋賀のフェスでいっしょに
なったこともあるって言ってたかな。

知久さんみたいに、
海外と日本を行き来しながら
好きな音楽をやっているライフスタイル。

仕事をするにしても、
お金を稼ぐにしても、
まずは自分がどんなライフスタイルを送りたいか、
どんな生き方をしたいか、
そこから出発しないとね。

知久さんやイチさんたちと接していると
より一層そういうのを改めて感じさせてくれる。

ではでは、これからイチさんたちのライブに
遊びに行ってくる。

よいゴールデンウィークをー。


島田晋輔

PS)

今日は、イチさんとレイチェルさん、
ウィルさんの音楽を、、、


見た目にもおもしろいね!

関連記事一覧

  • ジーパン

    ブリストルと言えばBanksyの生まれた街(と言われている)だし、ロニ・サイズやマッシブアタックの出身地でもありますねー。残念ながら行ったことないんですが、”僕の好きなイギリス”がある街というイメージですね。やっぱりアーティスト多いんですね。きっと何かあるんでしょうね。行かねば、、、ですね。

    • 昔からアートの産地ですね!

      世界中からアーティストが移住してくるのだとか。

      住み心地もいいって言ってましたよー。

      ブリストルツアーやりたいですねぇ。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes