Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

ビジネス書なんて必要ないね!


でね。
まぁ、
世間では美談になるんだろうね〜。
で、
世の親のほとんどは嬉しいと思うんだろう。
 
息子が父親の会社を継ぎたい!とか
言われると。
 
複雑ですね。
イヤ、辞めた方がいいよ。
俺の会社って世襲するようなモノじゃないしね。
 
無形のモノから
有形のモノを生み出すこと。
 
事業プランニング業のことなんだけど、
そもそも「事業プランナー」なんて言ったって
誰も「何?それ?」って思うし、
僕も自分の商売が何かなんて人には説明しない。
 
ジムとかで聞かれると、
機嫌がいいときは「事業家」といい
機嫌が悪いときは「無職」という
 
大体、職業なんて概念なんてないし、
そんな概念を超越したところに事業プランニングはある、
職業否定だよね。
形がないし、
特別な技術も必要ないし、
必要なのは「能力」だけだから、
 
だから、
そんなものを世襲出来るとは思わない。
まぁ、税理士とか明確な資格はないから、
逆に
事業プランナーと名乗れば
世襲したことにはなるな。
 
まぁ、
それはどうでもいいが、


 
 

本論ね。
 
「ビジネス書なんていらない」だ。

とりあえず、
1年間は今の会社で働きながら座学をやりな!
それから考えればいい。
 
じゃぁ、
座学だ。
 
何を学ぶのか?
 
当然、俺の本は読まなければ世襲は出来ない。
で、
後・・・?
 
『資本論』
うん!これは当然、必要不可欠。
 
その後だ?
な〜〜んにもないんだよね。 

 
『資本論』以外に読まなければならない本って?
 
あなたに聞きたいが?
何かある?
 
??????

まったく見当つかない。
でも、
とりあえず、
 
4冊。
 
で、
この4冊以上にまったくない。
まったく見つからないんだ。
 
逆に彼に言ったのは
「それ以外のビジネス書は読むな」

それ以外のビジネス書は読めば読むほど
ビジネスで失敗する。
 
で、
これは一応、読んでおいた方がいいんじゃないの?
という4冊。
 
あなたは何だと思います?
投稿してください。
後はあなたが必要だと思う本があれば
教えてください。

お願いしますね。

 
ワイズマン

追伸:
ちなみにこのコミュにうちの息子、
今井陽介が参加しています。
僕が高校入学したときと同じですね。
縁故採用。
裏口入学です。
 
ご了承ください。
で、ビジネスの先輩として指導してください。


こちらは賢者舎エクセレントフェーズ
コミュニティからワイズマンこと今井先生からの投稿。

ビジネス書なんて必要ないね!
というメッセージは、
僕たちコミュニティメンバーと
そして、本当にコミュニティ入りした
ご子息、ようすけ君へ。

お父さんの背中をみてきた
ようすけ君が起業するという選択は
必然だったのだろうか。

継承。

けいすけしんすけようすけという系譜。

これからの賢者舎が楽しみだ。


最後に、、、

5年前のメルマガ。

大学受験真っ最中のようすけ君に
あてられたお父様、今井先生からのメッセージを。


26年間、
 休まず飲んでいた酒を思い立って1週間前に断酒。
 毎晩、半升浴びるように飲んでいた焼酎を断ちました。

 そうしたら、
 風邪引いてしまい。
 昨日からうなされています。

 断酒と風邪の因果関係はないでしょう。
 こういう日は家で読書でもして寝ていればいいのですが、
 暇で、暇で、
 ということで出社し、読書です。

 オイオイ、家で寝ていろよ!という社内の視線を浴びながら
 自室へ籠もっています。


 ドラッカーは言う。
  「ミッションから出発することは、
   成功している非営利組織から学べる
   最も重要な教訓かもしれない」

 ミッションが先行する。
 お金は後から付いてくる。・・・いい言葉ですね。


 しかし、多くの企業、人はまずキャッシュフローを考える。

 そこで自分の生活をこの事業が脅かさないでも
 やっていけると判断しなければ動こうとしない。
 今の30代の起業家のほとんどはそうですね。

 結果なんて後から付いてくる。
 イヤ、そんなもの付いてこなくたってどうでもいい。
 保身になるならサラリーマンになればいい。

 ・・・とはいうがサラリーマンになる方が
 今の世の中、起業するより難しい。

 俺のような40代が転職できず
 しかたなく起業しているのが、
 今の世の中です。


 昔は脱サラし起業を夢見たが、
 今はリストラされしかたなく起業する。

 同じことなのだが、これが本人にとっては大違いです。


 8年前 私は、
 年商3億の広告制作会社を閉じました。

 そして、成田の田舎に移転し、
 経営コンサルタントで起業しました。
 だからといって、
 ミッションからの再出発なんてことは考えなかった。
 ただ、
 今、
 ここ・・にいる自分に嫌気がさした、それだけです。


  「One Life」


 人は有限です。
 死ぬ直前に後悔しない生き方をしたい。
 たぶん、40歳になり人生の折り返し地点になったことで
 そんなことを思ったのかもしれない。

 しかし、保身になっている人たちが多すぎる。
 しかも、私の周りにはホントに多い。

 また、そいつらはやらない、
 行動しない理由がまた理屈ぽい。

 私のコンテンツを使って動かない自分を正当化している。



 何を守りたいのか?


 でも、
 「そういう人間を集めているんですよ」とは金岡女史。


 保身だから、
 虎の威を借りるために集まるのか?
 しかし、いいかげんそんな奴らと付き合う時間が無駄ですね。

 そういう人間になるなよ!
 とは、大学受験、真っ最中の息子へ送ります。

 お前がラッキーなのは今井裕志の息子として
 生まれて来たことだ。

 と、
 堂々と言える私が好きです。

 すいません。
 ・・・相当、熱あるな。この風邪。


ちょうど5年前のバレンタインに配信されたメルマガ。

ラッキーって言ってるけど、
運って大事だよね。

平等ではないから。

ときを経て、紡がれていくね。

賢者舎は今は門を閉じているけど、
また募集したら僕もメルマガなどで
紹介するのでお楽しみに!

では、また。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、





関連記事一覧

  1. SWS

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes