Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

シンプルさ

とあるプロジェクトのスカイプミーティングでのこと。

1年くらい温めてきた企画を
そろそろリリースしようかと
チームメンバーで
細かいところを詰めていた。

価格も含めたオファーはキョーレツで、
ライバルはとても真似できないもの。

結果に対する全額返金保障もつけているので、
お客さんにとってリスクはない。

セールスプロセスもよくできているし、
いま、提供しているサービスとも相性がよい。

この新企画をリリースすることで
コミュニティも活性化するだろうし、
ビジネス的にも掛け算となって大きくなっていく。

でも、、、

「うーん、、、もっとシンプルにしたいんですよね」

と、僕はなかなかGOサインを出さなかった。

2時間を予定していたスカイプミーティングは、
30分、1時間、2時間、、、
とオーバーしていく。

みんなもぐったりしてきて、
いろんな案を出すものの、
どうもしっくりこない。

どれも小さな穴がある。

もう疲れてきたから、
といって妥協すると
当然、良い結果はうまない。

この小さな違和感を必死に伝える。

たとえ僕らは理解できても、
このルールをお客さんが理解できるかな、
丁寧に説明しても勘違いするひともいるだろうし、
クレームにもなりかねない、、、

もう少しシンプルにすっきりさせたい

これが僕の最後の要望だった。

企画を練るときに、
美しいかどうか、
ということを僕は重視するけど、
「美しさ」の根底にあるのは、
シンプルであるといいこと。

明確と言ってもいい。

細かい字で書かれたルールブックを
熟読しないと理解できないようなものには、
美しさが宿らない。

セールスレターや広告文、
メルマガやブログなどもいっしょで、
説明が多すぎるもの、
複雑なものは、やはり良い結果をうまない。

理屈ではなく、背後にある美しさを
読み手は感じるのだと思う。

論理に先立つアプリオリが
教えてくれるのだろう。

ロジックのしっかりした良いものが
できあがったら、、、

それはシンプルかどうか、
明確であるかどうか、
美しいかどうか、
感性に聴いてみるといいと思う。


島田晋輔

PS)

時間をかけてみんなで対話した甲斐があって
最後には「シンプル」な企画が出来上がった!

来月テストリリースする予定だから
またブログで結果をシェアしていこうと思う。

PPS)

今日の一曲はこちら、、、





姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


LINE@


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes