Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

どんな経営者がうまくいくのか?

昨日、中谷さんとの沖縄での話をしたから、
今日も中谷さんとの話をしよう。

中谷さんは、リッチシェフレンのナビゲーターとして
有名かもしれないけど、自身では有名なウェブ制作の会社を
やっている。

5年後に30億の会社にするために設計しているってことで、
仕事も順調(家族で沖縄にバカンスに来るくらいだから)。

ウェブ制作以外に、コンサルなんかもやっているみたいだけど、
自分からはお願いしたことがないという。

お客さんに頼まれてからやるようになったのだとか。

いろんな業界のコンサルや制作をやっていて、
幅広い。

インフォ系ではなくて実業の方のコンサルが多いみたい。

アパレル関係だったり、
不動産だったり、
マクロビみたいな食事、健康関連だったり。

幅広く手がけている中谷さんに
伸びる会社、うまく経営者について聞いてみた。

もっと具体的にいうと、
どんな案件を受けるかどうか、
案件を受けるときの基準を聞いてみた。

そうしたら、やっぱり人間性。

人としての器の大きさというか、
情熱というか、経営者がその仕事を好きかどうか
みたいなところをみると話していた。

どの業界とか会社の規模とか、
市場とかお金になるとかはあまり気にしてないみたいで、

人としての相性

で判断するって言ってた。

中谷さんとの相性。

そして、人として伸びるかどうか、
人としてこの人はすごいなと思ったら
やっぱり会社はのびるって言っていた。

そういえば、以前、名古屋で曲尾さんと飲んだときも
同じことを言っていたな。

同じビジネスモデル、同じスキルと知識、経験で
やっていっても人間性で差がでるって。

あ、あと中谷さんが言っていて興味深かったのは、
「情報」を持っているかどうか、だと言っていた。

ここ2年ぐらいものすごい勢いで
伸びてる不動産関係のクライアントさんは
やっぱり「情報」をしっかりおさえてる、と。

人間性っていうのは、
まあ、すべての土台なんだろうけど、
そのうえで時代の空気をキャッチして
「情報」をキャッチアップしてるってことだろうね。

人間性と情報。

どちらも中谷さんが優れている点であるところも
おもしろいなと感じた。

そして、もちろん僕も重要視している。

どんなに好条件でも、
おいしい話であっても、
人としての相性がよくなかったら、、、

どうしても途中で苦しくなってしまうからね。

じゃあ、今日はこのへんでー。

また明日。


島田晋輔

PS)

そもそもの相性もあるけど、
それと同時に、お互いに対話して
育んでいくものだとも思っている。

まあ、これは仕事に限らず
友人関係でも、親子関係でも
恋愛関係なんかでもいっしょかな。

PPS)

今日は知久さんの一曲いってみよー。


雰囲気のある曲だね!

朝日新聞の記者さんから知久さんの代表曲を教えてほしいって連絡きたけど、
なんなんだろー?




関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes