Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

たまには休むのもひとつの仕事じゃない?

「たまには休むのもひとつの仕事じゃない?」

とスナフキンは言う。

ゴールデンウイークというと
世間のみんなは遊び、休養する期間だから
同じように遊んでいたら同じような普通の人生になってしまう。。

みんなが遊んでいるときこそ、
追い込むべき!というメッセージを
よくみかけるし、僕も概ね賛成なのだけど、、、

一方でスナフキンフリークの僕としては、
仕事のひとつとして休むのも大切かな
って思っている。

気合と根性とパワーで乗り切ろうとする
格闘家タイプのひとは
追い込みすぎてショートすることが多い。

目の前にやらなくてはいけない
緊急のことがあるのはわかるけれども、
長い目で見て「今休んだ方が」
結果的によくなっていることもある。

いま、苦しい。

やらなくてはいけないこともある。

だからこそ、一息ついてリフレッシュすることで
よいパフォーマンスが生まれて
よりよいものを生み出せるようになる。

よい仕事をするためにしっかり休む。

結局はこれはパートナーだったり
お客さんのためだったりするんだよね。

いたわりメンテナンスも含めて
自分たちの責任だとするならば、
心身の管理も大切な仕事。

逆に言えば心身不調となるのは、
仕事ができていないとも言える。

僕もたまにあるので
リズムや生活を見直したりするけども、
それでも病院にかかったり、
寝込んだりするほどではないから、
少し陰りがみえたら
早めに手を打って軌道修正をするようにしている。

休むときのポイントはだらだら休まずに
一気に休むこと。

今日は休養するぞ、リフレッシュするぞ、
と決めて思い切り休む。

筋トレやダイエットでいうチートデイみたいな
感じかな。

そうそう、イチさん一家がジャパンツアーの最中で、
家に遊びにきているのだけど、
やっぱり体調管理に気をつかっていて。

アーティストやクリエイターは身体が資本だからね、
一流のひとほど食べるものや睡眠など
気を使うのは当たり前だろう。

健全な魂は健全な肉体に宿る
とはよく言ったもので、
よい魂を宿してよいものを
生みだすためには
口にするものも含めて大切。

今朝、イチさんにモザンビーク産のモリンガの種を
頂いたけども、食べたあとに水が甘くなる
不思議な食べ物だった。

ふだん追い込んでやっているからこそ、
こういったことが活きてくるね。

それでは、今日はこのへんで。

またね。


島田晋輔

PS)

もちろんチートデイ、、、

リフレッシュするのが許されるのは
とことん追い込んでトレーニングしたひとのみ。

そうでなかければ、もちろんだけど
休まずに追い込み続けた方がいいとは思っている。

PPS)

そうそう、LINE@の1対1トークキャンペーンは
今日の23:59まで。

LINE@にまだ登録されていない方は
こちらから。

PPPS)

では、今日はイチさんとレイチェルの演奏を、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes