Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

「学習」と「行動」どっちが大切?

学生の貴重な時間。

ゆったり時間がとれるのは
学生の今しかないから、
いろんなところに行って
いろんな体験をしておくべき。

行動にフォーカスしよう。

いやいや、学生のうちは
勉学に励む時期。

図書館などに通って本をたくさん読み、
知識をたくさんつけよう。

さぁ、あなたはどっちの立場?

・・・こんなテーマのディベートを
大学生との交流会でしたことあるのだけど、
こういうテーマって大人になってもあるよね。

何かを学ぶとき、、、

知識をしっかりつける方が大切なのか、
行動して経験値をたくさん貯める方が大切なのか。

どちらだと思う?

答えは、、、

もちろんどちらも大切。
(意見が分かれるからこそ、ディベートのテーマにも選ばれるわけだし)

頭でっかちの物知り君でもいけないし、
蓄積のない行動を続けていてもあまり意味がない。

図鑑でみた植物を森でみかけて
ああ、あれがベニテングタケかあ、とか
サンショウオを見かけて家に帰って
サンショウウオは何を食べるのか
ネットで調べたりとか。

知識+行動がセットになっていて
意味のあることになっている。

学習と行動のセットは
どんなことにでも言える。

たとえば起業もビジネス活動もそう。

秘密結社ワイルドサイド(通称SWS)という
起業支援グループがあるけど、
このプログラムは「行動」を重視して、
行動ありきの仕組みになっている。

今は便利な時代だからいろんな起業ノウハウや
ハウツーなんかはネットや本などで
カンタンに手に入る。

それにビジネスを学ぶんだったら
それに特化した講座や教材なんかは
たくさんあるからね。

実際に現SWSメンバーも
みんな知識は十分。

ノウハウもたくさん持っているし、
学んできている。

だからSWSに入ったら
徹底的に行動にフォーカスしてもらう。

行動しないと知識も定着しないし、
自分に変化もないから。

ただ誤解してほしくないのは、
知識はたくさん得てきている現状があるから、
「行動」にフォーカスしているのであって、
僕が行動第一主義なわけではない。

何事もバランスが大切だから、
足りない要素をプラスしているだけ。

とは言ってもSWSでは何も学べないわけではなく
生きた事例や現在進行形の案件などを通して
たくさんの学びは得られる(不定期だけど動画やメールなどでコンテンツも配信しているからね)。

でも体系的に学べる教材はない。

起業するときはまずはこれを学んでから
っていうカリキュラムみたいなのを用意しても
よかったのだけど、そうなると勉強することで
満足してしまっていつまでも行動せずに
終わってしまうだろうなというのもあって。

背景にあるのは僕らの学習遍歴。

小学生のころから、決まった机と椅子に座り
先生の板書したものをノートに写す。

テストは穴埋め式だったり記述式だったりだけど、
なにかを暗記したり、読解したり
「答え合わせ」的なテストを繰り返し受けてきた。

長年積み上げられてきたクセが
染みついているので勉強で満足していまう。

勉強することが目的ならばそれでいいのだけど、
自分の人生を変えたいのならば、、、

もっと「行動」をしないといけない。

もちろんまだまだ得た方がいい知識は
たくさんあるのだろうけど、
それ以上に行動量が足りていない。

そして大切な行動というのは、
ロイスのいう“リアルな仕事”。

“リアルな仕事”と“フェイクの仕事”があるので、
自分の活動を精査しないといけない、と。

最後に、、、

最近花開いてきた
SWSメンバーであるいっちーの投稿を
シェアしよう。


“メールを送るのは活動ではない”

電話アプローチをよくするようになってから本当に強くそう思います。メールを送ってやった気になるのは本当に危険だと。どこかで逃げになっているというか、、、メールにはあまりリアリティがないように、電話をするようになってから感じました。

ボスは散々対面か電話と仰ってくれていましたけど、電話はリアルを感じられます。

相手の明らかに迷惑そうな感じの声のトーンだったり、「興味ないです」の一言を直接その場で叩きつけられたり…気も張るのか、何件も続けてやっていると妙な疲労感を感じる時もあります。

でも、このリアルがすごくたまらないんです。

活動しているなって胸を張って言える自分がいますし、トーク時のあり方や、トークそのものがだんだんとうまくなってきているように感じるのがとても楽しいんです。

それで思ったのが、僕らは対面だったり、電話だったり、傷つくかもしれない、拒絶されるかもしれない現場にもっとどんどん行くべきなんじゃないかなということです。

意外になんとかなるもんだってことを知るために。

自分も含めてですが、まだまだ場数が圧倒的に少なすぎます。

現場で得られるものって大きいはずです。

こんなのメールを50通送ろうか、100通送ろうがこの感覚を体験することはできません。

と、今回の動画と最近の自分の活動から強く感じました。


これだけ読んでもずいぶんとたくましくなったなと思うし、
なによりこんな気づきを得られたこと自体、
いっちー自身の「行動」による結果なんだろうな
と思った。

そして、不思議なことに
行動すると結果がついてくるんだよね。

たいていがただやっていないだけで、
知識やセンスは十分にあるのだから。

では、今日はこのへんで。

雨だね。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes