Walk on the Wild Side

変態のたなかさん

たなかさん

 

今日は変態のたなかさんを紹介します。
田中“チャクラ”祐一さんとは別人ですよ)

この画像の通り、見た目から
アヤシイ雰囲気が漂っていますが、、、

脱ぐともっとすごいんです!

こんな感じ、、、

 

るちゃ

 

あ、間違えました。。

これはたなかさん本人ではなく、
たなかさんの好きなルチャリブレでした(笑)。

ルチャリブレってメキシカンプロレスですけど、
スペイン語で「自由な戦い」って意味らしいですね。

本当の意味で、自由な戦いをしている
たなかさんが脱ぐとこんな感じ、、、

 

たなかさん・ケーブルズ

 

 
もし、この変態っぷりがわかったなら、
あなたも相当マニアーコな存在。

このたなかさんが着ている
Tシャツ、、、

わたしがピアノの前に座ると、
みんな笑った。

でも、わたしが弾き始めると、、、

 

というジョン・ケープルズが100年近く前に
音楽学校のために書いた広告のヘッドライン。

歴史的大ヒットをおさめたこのヘッドラインは
100年たった今でも、いろんな業界で使われている。

今でも結果がでるからだ。

ケープルズの著書は学びが深く、
僕らみたいに広告に携わる人間にとって、
必読といっていい古典である。

他にもジーン・シュワルツとか
デイビッド・オグルビーとか
ロバートコリアーとか
ジョー・シュガーマンとか、、、

何十年前のコピーライティングの本が、
国境を超えて影響を与えているからすごい。

ケーブルズはまさか自分の書いた広告が
Tシャツになるとは思っていなかっただろうけど!

自分の今の活動が100年後の誰かに
影響を与えるかもしれないって考えると
なかなかロマンチック。

あなたの今日の一言が歴史に残るかも?

そして、たなかさんみたいな
誰かにTシャツにされるかも?(笑)

島田晋輔

PS)

ルチャリブレの話題がでたので、
メキシコのマリアッチでも、、、

PPS)

たなかさんは実は、千葉で店舗を構える
治療家なんだけど、こんなTシャツ着てたら、
遠くても通いたくなってしまうよね。

そうそう、あの寺本さんもケータイで
写真をとっていた(笑)。

たなかさん・ダン

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP