Walk on the Wild Side

小倉の秘密基地

小野さんと焼うどんを食べ、
小倉の秘密基地という
コワーキングスペースに来ています。

やっぱり活気がありますね。

「活気がある」とはどういうことなのか、
と先日の那岐での講演のときも
質問をされたのですが、、、

流れがあること

と答えたと思います。

新陳代謝といっしょで
古い細胞が死んで
新しい細胞がうまれる、
そんな感じで循環していくこと。

こういった場所やお店で言うと、
ひとの出入りが頻繁にあることなのかな、と。

ひとがいなくても成り立つ場所がある一方で
ひとがいることで輝く場所がある
と思うのです。

特に今来ているコワーキングスペースは
僕らみたいな起業家、フリーランサーなど
孤立しがちな仕事をしている人たちの交流というのも
大きな機能の側面なので、
ひとの出入りが頻繁にあることは
大切な要素かと思います。

コワーキングスペースと
レンタルオフィス、シェアオフィスとの
違いもまさにここにあり「出会い」や「交流」が
大きなポイントです。

固有スペースではなく
図書館のようなオープンスペースなので、
おもしろい人たちとの新しい出会いがあったり、
ユーザー同士での交流で
おもしろい価値を生み出したり、
会社や組織に縛られない生き方をしつつも
人と交流をしていくというものです。

こんなブログを書いていたら、
オーナーさんが話しかけてくれました。

15年前からロンドンでシェアハウスを何店舗か
やっていたらしく、出身の小倉に戻ってきて
ここをスタートさせたのだとか。

いまはセミナーやイベントなど頻繁にやってますが、
こういった催しもここを使っているユーザー主導で
自発的に生まれたというのもおもしろいところです。

18時からはパブ要素が強くなり、
食べ物やアルコールも嗜みながら
といった感じ。

夕方からこの場所で
ネットテレビの収録もあるそうなので、
時間があれば少し見学でもしていこうかと
思っています。

出会いや交流と書いておいて、
タイムリーに出会いがあって
まさに、な感じでした。

こういったつながりって大切ですからね。

個人の時代にはなっていくけども、
個を超えてチームで大きな成果をだしていくこと、
このようなスタイルにどんどんなっていくと思います。

ひとりでの限界はありますからね。

では、今日はこのへんで。

また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes