Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

2016ミュージックベスト10

今日、明日で2016も終わり。

去年も今日に2015年を音楽で振り返る
ってこんな感じでやってたので、
今日も。

では、さっそく10位からいってみましょう。

10位はこちら、、、

10位:Awesome City Club – 4月のマーチ


Awesome City Clubはこのような記事
取り上げたけど、音楽どうこうよりスタイルとしてね。

今の時代を反映してるっているのと、
こういう若い世代の勢いというか
取り組みを象徴する意味で。


9位:真黒毛ぼっくす – 酔いどれ東京ダンスミュージック


ワイルドサイド部の部活動でライブを観に行った
真黒毛ぼっくす。

お目当は知久さんだったけど、
会場全体を「飲み」の雰囲気にしてしまうところがさすが。

このピースフルな雰囲気がね。

知久さんと真っ黒けで演奏した
たまのロシアのパンは圧巻だった。


8位:ICHI


名古屋で音楽をやっていたときに
交流のあったICHIさん。

レイチェルと結婚し、
お子さんをもうけ、
ブリストルにも移住し、
音楽で生計をたてるまさにクレイジーパパ。

日本ツアーの鳥取公演のときに
我が家にも来てくれて。

ぽっちり舎でゲスト講師を勤めてくれた
TOTOさんとも親交があったというから
世間はせまいな、と。

ICHIさんはこの曲というより、
パフォーマンス含めて、ね。

レイチェルとふたりで楽しそうにしてるのがいいかな。

夫婦のひとつの在り方。


7位:ソワレ – だいじなひと Je toublieral


ソファーサウンズに出演していた
シャンソン歌手のソワレさん。

いろんな意味で衝撃だった。

歌手だけでなく、ライブハウスも経営している
経営者としての側面もあり、
ライブ後に話した感じからは
繊細で丁寧な一面が垣間みれた。

より丁寧に。

これテーマだね。


6位:アン・サリー – 手紙


渡辺さんの命日にひふみとふたりで
みたき園で演奏をみたサリーさん。

ブルーハーツのなかでも
大好きな一曲をこんな風にカバーしてくれた。

みたき園の雰囲気もあいまって
思い出深い一曲に。


5位:Nozomi Nobody – Someday


こちらもソワレさんと同様に
ソファーサウンズに出演していたNozomi Nobody。

歌+ギターというシンプルな構成ながら
ボイスサンプリングやエフェクトなんかもつかって
自分の声を重ねたりしてね。

ソファーサウンズの雰囲気にもぴったりだった。


4位:岡崎体育 – 家族構成


曲だけでいったらスペツナズを選曲しようと思ったけど、
PVも含めたらFRIENDSとかMUSIC VIDEOかなあって
悩んで家族構成を最終的に選んだのは歌詞だね。

「洗濯物がどうのこうって小さな喧嘩も
 家族がいなけりゃできない会話」

ってなかなか深いメッセージだね。

そして、

「オレタチニンゲンクウ」

へのくだり(苦笑)

この前ナカヒラさんも言ってたけど、
こういう意外性というか
振り幅って大事だよね。


3位:大工哲弘 – ハートランド


4月に出演してくれた知久さん、栗コーダーが
カバーしていて知った曲。

さすが沖縄の歌い手っていう雰囲気もそうだけど、
このゆるい雰囲気からの温かいメッセージもね。

心に咲いた花に戸惑いながら
明日への道を探しているのか、
ひとりでゆけないひとりでゆけない、
幸せという名の遠い国。


2位:栗コーダカルテット – シーベックシーモア


4月の御柱祭での栗コーダーと知久さんの演奏、
演奏だけでなく前後の準備や運営も含めて
自分には大きな体験となった。

音楽だけでなく生き方、在り方にまで
影響のでた栗コーダーカルテットからの一曲を。


1位:知久寿焼 – eleanor plunkett


今年はやっぱり知久さんかな。

ライブにも出演してくれて
そのあとなんと4泊もしてくれて、
毎日飲み明かし。

知久寿焼という人間から
生き方や考え方、価値観にまで
大きな影響を受けた。

知久さんといったら
あの特徴的な声と歌い方を連想するひとが
多いけど、そしてそれも素晴らしいのだけど、
選んだ一曲はギターのよるこんなカバー曲。

運転する車の後部座席でこの曲を弾いてくれて
春のあおあおとした智頭の風景と溶け込んだ
思い出深い一曲。

ということでこれを2016の僕のベストソングとして。


・・・以上。

この1年のブログに取り上げた曲で
ベスト10をつくってみた。

まとめると、、、

————————————————————–

1:知久寿焼 – eleanor plunkett
2:栗コーダカルテット – シーベックシーモア
3:大工哲弘 – ハートランド
4:岡崎体育 – 家族構成
5:Nozomi Nobody – Someday
6:アン・サリー – 手紙
7:ソワレ – だいじなひと Je toublieral
8:ICHI
9:真黒毛ぼっくす – 酔いどれ東京ダンスミュージック
10:Awesome City Club – 4月のマーチ


————————————————————–

という感じ。

10位のAwesome City Clubと
4位の岡崎体育以外、すべてライブで体験しているというね。

いかに体験が重要か、それとも
コンテンツだけでここまでインパクトを与える
Awesome City Clubと岡崎体育がすごいのかわからないけど、
2016を振り返るいい10曲だと思う。

あなたはどんな曲を選ぶ?


島田晋輔

PS)

親指シフトトレーニング86日目。

長くなってきたので、
別ページに。

今日のトレーニングはこちら

関連記事一覧

  • 永田武(たけやん)

    岡崎体育、私も今年かなり上位ランクインとなりました!
    来年のしんすけべミュージックランキングも楽しみにしています♪

    • ですよね!

      PVふくめていい感じでしたよねー。

      たけやんミュージックランキングも気になります♪

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes