Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

ブログに「食べ物の写真」を載せない方がいい理由。その2。

昨日の記事で、ブログに「食べ物や料理の写真」を
あまり載せない方がいい
ということを書いた。

昨日のマイスピーユーザー交流会で
小野さんにも伊藤かんちゃんにも
料理の写メを思いっきりブログに載せていた、、、
みたいなことで、

「なんで載せちゃいけないんですか!?」

と聞かれたのでここで回答しよう。

ちょっと回りくどい言い方かもしれないけど、
例を出してみる。

たとえば、アイドルはトイレに行かない
みたいに思っている人たちがいる。

同じ人間なのに。

たとえば、聖飢魔IIのデーモン閣下は
食事をしないと思っている人たちがいる。

同じ人間なのに。

でも、そういうと、信者の人たちは、
人間じゃなくて悪魔だ!
と強く言う。。

アイドルのファンたちは
**ちゃんは##しない
みたいなことを熱く語る。。

・・・同じ人間なのに、
という心の中のツッコミはおいておいて、
なぜこのようなことがおこるのだろうか?

本当に人間かどうかはおいといて、
大切なのは誰かに対してこのように
「イメージ」を抱いている
(抱かれている)ということ。

そして、イメージによって
自分の中のフォルダ分けをしたところに
ひとりひとり入れているということだ。

大切なのは、ケータイやPCの電話帳のように、
外的要因で分類していないということ。

たとえば、生まれや血液型や
学校の同期とか、
会社の同僚とか、
年収1000万円以上の人たち
みたいな感じで分けているわけではなく、
印象によって自然とわけているという点。

というわけで、僕もあなたも「誰か」に
自然と分類をされているのだけど、
これをブログの文脈にすると、、、

特にビジネスで使っていたり、
情報発信のためにブログやメルマガ、SNSを
使っている場合、書いている内容や
全体の雰囲気でフォルダわけされている。

発信しているメッセージや内容よりも
ブログ全体の世界観やテイストで
イメージが形作られていく。
(実際の脳内作業は一瞬だけど)

さてさて、ではアイドルや閣下たちが
信者に抱かれているイメージ、印象は
どこからくるものだろう。

もっと言えば、そこまで熱心になる理由はなんだろう。

アイドルやタレントじゃなくてもいい。

たとえば、高級ブランド品や
ハイグレードなホテル、
オーダースーツなどにも共通しているもの。

それは、、、

今日も長くなってしまったから、
明日にしよう。

わかるひとはわかると思う。

じゃ、また明日。


島田晋輔

PS)

今日の一曲はこちら、、、


関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes