変化

那覇にいます。

瀬底島に2泊をして、
中部、北部をぐるっと回って
那覇に戻ってきました。

瀬底島で綺麗なビーチをみて、
中部、北部を堪能してきた、、、
というわけではなく。。

曇天模様に家族の体調不良もあって
ゆっくり休んでいただけ、、
の瀬底島生活でした。

まあ、なにもせずゆっくりするのもいいですね。

僕の体調はよかったので、
いつもと変わらず仕事をしたり、
新しい企画を練ってみたり。

ここ6年連続で
この時期は沖縄に来ているので、
観光しようとか、どこかに遊びにいこう
というモチベーションはあまりなく、
食べたいものや会いたいひとがいるだけで、
特別何か新しいことをやってるわけではないんですよね。

いつも通りチャットワークを開いたり、
ネットでプロ野球開幕の様子をみたり、
読書をしたり。

過ごしやすい気候と
花粉がないってことが
こちらにいる大きな理由で、
やってることは、鳥取にいるときや
東京にいるときと変わらないんですよね。

家族全員で、こちらに旅行に遊びに来てるという感覚はなく、
家族全員で、こちらに暮らしの場を移しているという感じ。

渡り鳥が季節の変化にあわせて住処を変えるように、
僕たち人間も四季や環境の変化で生活を変えていくのは
自然のような気がします。

季節や環境の変化で、自分たちも移動していくスタイルですが、
もうひとつ僕が気にかけているのは、
「時代の変化」です。

日本という社会が変化しているのはもちろんのこと、
もっとワールドワイドで動いていること、
流れに身を委ねられるように、
日々鍛錬、準備していく姿勢であります。

生き物の進化の変遷をみたときに、
淘汰に耐え、生き残ってきた種は
特別優位であったのではなく、
変化に対して柔軟だったという研究結果があるからです。

季節の変化だけでなく、
時代の変化にどう対応していくか、
その柔軟性によって、
僕たちの未来も変わっていくのだと
思っています。

ではでは、今日はこのへんで。

ありがとうございました。


島田晋輔

PS)

今日は、栗コーダーの一曲で、、、

« 前の記事  スワイプファイル通りに書いても反応がとれない

» 次の記事  実際の事業でのコンティニュイティの事例。

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes