残り364日

那岐神社生まれたときから、
死へのカウントダウンが始まる。

生まれたときから、
一歩一歩、確実に死へ向かっているのと
同じように、2016年の終わりへも
一歩一歩近づいている。

1月2日。

2016年も2日目ということで、
残り364日となった。

残り364日。

364日もあると捉えるか、
たった364日しかないと捉えるか、
捉え方によって
今日の行動が変わってくるだろう。

行動というのは
何かをやたらやることではなくて、
意識的に何をして、
何をしないを選択することだと
僕は思っている。


1月1日の昨日は
那岐神社に家族でお参りに行き、
西粟倉の元湯へ。

元旦に温泉に入るっていうのは、
いろいろなものをリセットされる気分がして、
心地よい(理想は家にフロートタンクがあればいいのだけど)。

山本七平氏は「空気の研究」で
日本社会の雰囲気を作る因子として
水(=通常性)をあげているし、
スピリチュアルな意味合いからの水も無視できない。
(本当はタンクでフローティングしたいのだけど)

元湯ってユニークネスが強烈に発揮されていて
ただの温泉ではない。


カフェ機能や宿泊施設としても、とても充実している。

ブルータスの「親と子」と表紙に書かれた号の
田舎暮らし特集で、偶然にも元湯とタルマーリーは
同じページ掲載されていた(そのときタルマーリーは岡山にあった)。

リセットして、
コアバリュー、マスタープランのアップデート。

そして、リッチシェフレンのBGSのワークもやって
ヴィジョンやプランを上書きしないと。

正月だからと言って
周りと同じようにゆっくりしていたら、
それなりの未来しか待っていないのは
当然だからね。

年末年始「だけ」あわただしく遊ぶような
生活を望んでいるのなら
それもいいだろうけど。

どこかで断ち切らないと、
何年も繰り返し、
その無限ループから抜け出せないだろう。

また明日。


島田晋輔

PS)

ライブ登場と同時に「残り10曲!」なんて
叫ぶのはこのバンド。


ライブ中に食パン投げてたりしていたね。

« 前の記事  あけましておめでとうございます

» 次の記事  都会と田舎のデュアルライフ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes