Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

2015ベスト10

2015年も今日と明日で終わり。

いろいろ書きたいことがあるんだけど、
あんまりヘビーなこと書いてもなって思うので
今日もいつものテイストでゆるく。

で、2015年を振り返るっていうか、
せっかく日刊で更新してるから
ベスト10を選んでみたいと思う。

記事のベスト10だとおもしろくないので、
いつも紹介している曲でベスト10をしようと思う。

どんな曲をかけたのかなーって
1年間分見返してみて曲でチョイス。

2015年といえばこの曲かなっていうのを
自分なりにランキングしたので発表。

では、10位から1位まで順番に、、、


10位:R. Stevie Moore – Why Should I Love You?


10位はこの人の曲。

宅録の父なんて言われてるミュージシャンで
売れなくてもひとりでせっせと作り続けたっていう。

ビートルズの時代から活動してるけど、
評価されだしたのはここ数年のことで。

要するに何十年も日の目をみることがなかったけど、
そんなの関係ねーって感じで
もくもくと曲を作り続けた。

そんなアウトローな道を歩みながらも
曲はすこぶるポップっていうね。

R. Stevie Mooreの一曲を10位に。


9位:never young beach – あまり行かない喫茶店で



はっぴいえんど〜サニーデイサービスの系譜って感じ。

平均年齢23歳っていうのがまたすごくて。

この若さでこんな曲かあ、と思いつつ
完成度も高く感じる。

いまの時代にマッチしてる感じがまた良いね。


8位:煙が目にしみる – ザ・キングトーンズ


1週間に2度も喪服を着るとはまさか思わなかったけど、
現実ってのはいつも容赦なくて。

いつでも突然やってくる知らせ。

そんなときに聞いていた曲を8位に。


7位:John Fahey – In A Persian Market



ジョンフェイヒーは昔からそれなりに聞くんだけど、
この曲だけやたら今年、ハマって。

1975年にリリースされたアルバムに収録されてるから
40年前の作品となる。

40年後にこんなに聞かれるなんてつくってるときは
想像しているのだろうか。


6位:Brushy One String – Chicken in The Corn


アフリカの女性ギタリスト?の曲を紹介したことあるけど、
このひとのギターっていうか音楽も生き様を感じてステキ。

そう生き様。

楽器ができるとかできないとか、
うまいとかへたとか
それよりも、その人がどうなのか、
そこにひかれるんだと思う。

たった1本の弦で
ここまでグルーヴィーな音楽をやるひとっていないよね。



5位:neco眠る「ENGAWA DE DANCEHALL」


PV含めてこんなムードがいいね。

古いのと新しいのと、
外国っぽいのと日本っぽいのと、
ユーモアとシニカルな感じが混じっていてステキ。

子どもたちもよくこの曲で踊っている。


4位:Shugo Tokumaru – 5 A.M.


仕事柄というか体調というか、
夜中から朝方仕事することが多くて。

で、朝5時ってなかなかハザマの時間だよね。

そんな曲名をこうドリーミーに仕上げてもらうと
自分の生活にうまくマッチしてくれて心地よい。

特に名古屋、大阪、東京滞在中の朝方を思い出させる一曲。


3位:高田渡 生活の柄


高田渡復活祭として、
この前新宿で映画を観たんだけど、
同じ映画を10年前に
名古屋の映画館でみてるんだよね。

で、そのときの映画上映にあわせたライブを
本人の高田渡が行って。

10年ぶりに観た同じ映画。

その映画のセットライブでは
息子の高田漣がお父さんの曲を演奏。

肉体は滅びても映像や音楽として
生き続けるこの命の連鎖にしみじみと感動。

このブログでも「生きる」ということをテーマにして
渡辺さんのことを取り上げたりもしている。

迎合せずに我が道を歩く
高田渡の生き方にヒントをもらいつつ、
ワイルドサイドを歩き疲れたときはこの曲を
どうぞってことで第3位。


2位:Homecomings – “HURTS”


2位はこの曲。

いたってふつーのギターポップだけど、
そこがまたよくて。

頭の中でもかなりのヘビロテで
2015年よく聴いたなっていう曲。

タイツアー中に何度も頭の中でかかって
これだけ頭のなかを支配されたんだから
1位か2位か迷った。


1位:あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団 – 坂本慎太郎


1位に選んだのはこれ。

PVも曲もいいけど、なにより歌詞とメッセージがね。

子どもたちにこの歌詞を歌わせてるっていうのが
なかなか強烈なメッセージをまた感じて。

特に2015年からこれから5年の2020年。

社会や時代の移り変わりを感じさせる曲。

今井先生や木坂さんが
セミナーで話していることともシンクロして。

ビジネスの成功法則のヒントも見え隠れする
まさに2015年を象徴する一曲かな、と。

というわけで、この曲を1位に。


・・・以上。

この1年のブログに取り上げた曲で
ベスト10をつくってみた。

まとめると、、、

————————————————————–

1:坂本慎太郎 – あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団
2:Homecomings – “HURTS”
3:高田渡 – 生活の柄
4:Shugo Tokumaru – 5 A.M.
5:neco眠る – ENGAWA DE DANCEHALL
6:Brushy One String – Chicken in The Corn
7:John Fahey – In A Persian Market
8:ザ・キングトーンズ – 煙が目にしみる
9:never young beach – あまり行かない喫茶店で
10:R. Stevie Moore – Why Should I Love You?

————————————————————–

という感じ。

他にもクチロロやグールド、トーキングヘッズ、
Yogee New Waves、The Milwaukee Coastersなんかも候補に。

ちなみに、どの曲がどんな記事に使われてたかわかる?

これ、曲だけでどんな記事だったか全部ピタリとわかるひとは
相当マニアか賢いひとだね。

書いた僕でさえ、どんな記事を書いたのか、
どんな曲をかけたのか忘れてるくらいだから。

ま、そんな感じで、今日は2015年のベストソング10の発表。

では、また明日。

大晦日にお会いしましょう。


島田晋輔

関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes