Walk on the Wild Side

【ワイルドサイドストーリー】末広大喜 VS ジョン・C・リリー(前半)

ワイルドサイドな生き方をしている実践者たちに
インタビューや対談をして公開するこの企画。

番組タイトルは、、、

【ワイルドサイドストーリー】

番組名、そのまんま物語を追体験するというもの。

生きている喜びも、虚しさも、
絶望も、情熱も、胸一杯に。

天国も地獄も、エクスタシーも心の闇も
すべてごっちゃ混ぜで、
っていうロバートハリス的な感じで。


第17回目は末広大喜(A Mark Suehiro)氏。

17回目(1+7=8!)のワイルドサイドストーリーは、
888の歓迎会で公開収録したもの。

白金のフロートセンターの
松岡友さんの絵の前で。

今日は前半を公開します。



小学校6年生。

瓶のファンタグレープが好きだったのに、
みんなコカコーラを買っていたから、
自分も知らず知らずに、
買ってしまっていた。

不思議な違和感と疑問わく。

あれ、、、
みんなが買ったからつられてかったのかな、、、

そんな疑問を抱えたまま
大人になり、そして、
アイソレーションタンクに出会う。

無駄がきらいで、
効率追求型という末広さん。

その末広さんの生い立ちを
垣間見れるストーリーを
お楽しみください。

では、また明日!


島田晋輔

関連記事一覧

  • Slow Man

    末広さんのお話はとても印象的ですね。全てが仕事になる。その人が生きていることが仕事になる。その人自体が仕事という存在にある。その人自体に価値がある…ということでしょうか…

    • 「価値」は、何によって決定づけられるのか?
      それを見ていくことが重要です。


      コマーシャリズムが蔓延した社会では
      常に、
      「あなたは価値がない」
      「だから、これが必要だ」
      というようなメッセージで溢れています。

      そのような「広告」に騙されてはいけません。


      なぜなら、
      「本当のあなた」は
      何もしていなくても
      ただ、そこにいるだけで
      かけがえのない存在なのですから。

    • 渡辺さんの価値観に近いですよね。

      ぼくは時折末広さんのなかに渡辺さんをみることがあるのです。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes