Walk on the Wild Side

ロンドン留学。そして、札幌移住。

本当に、、、

本当に、
プロのミュージシャンになれるのだろうか。。

音楽で食っていけるのだろうか。

26歳。

バイトをしながら音楽をやっていたけども、
このままでいいのだろうか、
という迷いがあった。

不安や心配が大きかった。

周りの友人は結婚しただとか、
部下ができただとか、
マンションを買ったとか、、、

そんなとき、人生を変えるきっかけとなる
一言をバイト仲間からもらう。

「お前、海外とか行ってきたら?」

そういえば、昔から海外に住んでみたかった。

世界でもっとも耳が肥えているロンドンで
勝負してみたかった。

そんな理由から、
とりあえずロンドンに飛ぶ。

英語なんて
もちろんできるはずはない。

だけど、、、

だけど、心配や不安よりも
ワクワクの方が大きかった。

とにかくこの現状を変えたかった。

マイノリティ。

昔からマイノリティだったので、
サラリーマンという仕組み自体が
自分にはあっているとは思っていなかった。

楽しそうなイメージがなかった。

ロンドンでライブをしたり、
美容室で働いてみたり、
いろんな経験を積んで日本に変える。

日本に戻ってきて、
ロンドン留学エージェントを
始める。

そして、結婚。

東京で家も購入した。

311をきっかけに
子どもの環境も考え、
家族で札幌に移住する。

8年間、たった1つのサイトで行ってきた
ロンドン留学エージェントの事業を続けながら、
オーダースーツ事業なんかを手がけたり、
世界200都市で開催されている
音楽イベントを札幌で手がけるようになったり。

人生を自分らしく、
マイノリティに謳歌する
男のインタビューを明日、公開。

お楽しみに。

島田晋輔

PS)

予習はこの曲で、、、

97年かあ。

関連記事一覧

コメント

    • Slow Man
    • 2015年 6月 28日

    こんな行動ができる人が、違う次元に上がれるということでしょうか。
    すぐに動くこと。
    これを肝に銘じておきます。

    • 英語ができなくてもロンドンに行ってしまうっていうのは
      なかなかフットワーク軽いですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP