Walk on the Wild Side

第六回ワイルドサイドランチミーティング(名古屋)

金山

67ランチ。

名古屋開催です。

ランチ会のあとは金山でのイベント
手羽先サミットに参加する
というものでした。

今回も急な呼びかけにも関わらず
3名の方からの応募。

ひとりは来れなくなってしまいましたが、
楽しい1日となりました。

では、ランチ会に参加してくれた
メンバーからの声をシェアします。

まずは、アプレンティスでいっしょだった
整体師の粕谷さん。

久しぶりに再会しました。

島田さん、おはようございます。

昨日は、ランチ会・手羽先サミットと
一緒に参加させていただきありがとうございました。

ランチ会では他の2人の方が参加できなくなったということで、
島田さんと1対1で話ができたて贅沢でした。

普段、島田さんのようなステージが
高い人と話をする機会はあまりないですからね。

「島田さんの雰囲気に触れるとステージがあがりますよ〜」

とある方が言っていたのですが、まさにその通りだなと。

ランチ会では

「短所を直すのではなく、長所を伸ばした方がいい」

と話をされていたのがとても印象的でした。

最近、短所を直すことにフォーカスしていたので、
それを気付せてもらったのは大きいです。

ランチ会の後には、手羽先サミットにも参加。

人が多くて落ち着いて話ができないかったのですが、
ずっと気遣ってくれた
島田さんのおかげで話しができなくても楽しめました。

島田さんの雰囲気に触れエネルギーをもらったためか、
帰ってから眠くなり20時には寝てしまいました(笑)

ステージの高い人に触れると、
いつも帰ったあとは心地いい疲労感が出るので
久しぶりにいい雰囲気に触れることが
できたんだなと実感しています。

また、このような機会があれば参加したいと思いますので、
よろしくお願いします。

ありがとうございました。

粕谷さん、ありがとうございます。

ランチは粕谷さんとマンツーマンで
寿司ランチとなりました。

途中、僕のiPhoneが旅にでるなんていう
アクシデントにも付き合っていただいて(苦笑)
楽しい話がたくさんできました。

「短所を直すのではなく、長所を伸ばした方がいい」

と、粕谷さんの感想にあるように、
スタッフでもチームメンバーでも、
もっと言えば、子どもの教育にも言えることで、
欠点やダメなところにフォーカスするのではなくて、
長所や特徴的なところにフォーカスして
のばしていくと良いと僕は思っています。

たとえば、子育てでも
できないことを咎めたり、
変な大人の常識や歪んだ倫理観で狭い枠に
押し込んでしまったりするのではなく、
できることを見てあげて、尊重して
その興味の方向にのばしてあげる、、、

それが親や僕たち大人にできることなのかな、
ってよく思います。

欠点やできないことが
たとえできるようになったって
個性のない平均的な人間のようなロボットが
出来上がってしまうと思うからです。

それよりも、
特徴的なところをのばす。

可能性を閉じずに、
尖ってる部分をもっと鋭くすることのほうが、
その子の卓越性も発揮されるから、
変な方向にねじ曲げないことが
大人の大切な役割なんじゃないかな
と思う今日この頃です。

そんな対話をした粕谷さんのサイトはこちら

ワイルドサイド部のわれらが小野さんと
いっしょにビジネスをされてるそうです。

やり手の整体師さんですね。

次は手羽先サミットから参加してくれた
佐久間さん。

島田さん

佐久間です。
昨日のワイルドサイドミーティングありがとうございました。

仕事の関係で手羽先サミットからの参加となりましたが、
とても有意義な時間がすごせてよかったです。

初めて会った粕谷さんは、とても話しやすく
是非またゆっくりお話したいですね。

手羽先サミットは、1日3万人という来場者のとおり、
付近には座る場所もなく、ほぼ立ち食いで手羽先を食らいつく、、
ワイルドサイドなスタイルだったと思います。

その後、島田さんの奥さん、お子さんも合流し、
僕も家族で来ていたので、鳥取の生活の話を聞いたり、
子供同士が戦いごっこをしたりと
なんかゆっくりと楽しい時間をすごせました。

あと、青島さんたちも駆けつけてくれましたね。

今回は、途中参加となってしまいましたが、
是非また参加したいと思います。

それでは取り急ぎお礼まで。
ありがとうございました。

佐久間

佐久間さんは、おくさんとお子さん、
そしてお父さん、お母さんまでも参加されました。

佐久間さんだけでなく、マイスピーの青島さんや
名古屋の起業家仲間なんかが集まって
にぎやかな手羽先サミットを楽しみましたよ。

佐久間さんは秘密結社ワイルドサイドに所属しているので、
最近はワイルドサイド研究会で、
末広さんとバシャールについて
ディスカッションするというディープさです。

そんな佐久間さんのFacebookはこちら

そうそう、佐久間さんの実の弟さんは
プロのフラメンコギタリストだそうです。

・・・という感じで、
また名古屋でもランチ会を
開催したいと思います。

じゃね!

島田晋輔

PS)

ワイルドサイドランチミーティング
ということで、今回もルーリードの曲を、、、

関連記事一覧

コメント

    • Slow Man
    • 2015年 6月 19日

    手羽先サミット
    来年こそは参加できるような
    心の状態にしておきます。

    パジャールという名前を聞いたことは
    あったけど、なんなのかということは
    分からなかったです。
    そういう存在なんですね。

    2015年から2016年は
    頑張ります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP