Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

【ワイルドサイドストーリー】中居栄幸 VSジョルジュ・ドン(後半)

えいこーさんへのインタビュー、
後半です。

「僕は死を覚悟している。
 いつ死んでも後悔しないことを
 やってきている。」

そう、はっきりと語るえいこーさんの強さ、
ストイックさ、ひたむきさを感じれる音声です。

「痛み止めが切れた時の痛みの方がつらい」

痛みの強さで気絶するほどだったと語る
えいこーさん。

そこで、えいこーさんは薬断ちをします。

自分で何かを調べて発見するクセ

という小さい頃からの習慣で、
薬を徹底的に調べる、、、

詳しくはこちらの後半音声をどうぞ!



音声のなかで詳しく話してくれていますが、、、

give upではなくclear up

という「あきらめ」を手に入れた
と言っています。

痛みは誰も肩代わりすることはできない。

だから、、、

誰にもすがらない。

すがって痛みがなくなるなら、
すがるけども、そうではないから、、、

と、えいこーさんは語ってくれます。


それと「日本」についても
話してくれています。

日本に帰ってきて、
逆に日本が新鮮だったと言う
えいこーさん。

中からも外からも日本をみているからこそ、
より日本人らしいのだと思います。

大切なのは、身の引き際。

終末をはっきりと意識しているからこそ
滲み出る自信と強さがあるように
僕は感じます。

あなたはえいこーさんの話から
何を感じるでしょうか?

昨日に引き続き、
レストランで食事しながらの音声なので
聞きにくいところもあるかもしれませんが、
そんな雰囲気も含めて、
ぜひお楽しみください。

よい日曜日を!


島田晋輔

PS)

えいこーさんのサイトはこちら

Facebookはこちらです。

PPS)

ワイルドサイドインタビューの1月のまとめはこちらです。

2月のまとめページはこちら

3月のまとめページはこちら

4月のまとめページはこちら







関連記事一覧

Walk on the Wild Side
メルマガ登録フォーム


 


LINE@



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes