Walk on the Wild Side〜ワイルドサイドを歩こうよ〜

ひな祭りの物語

From:イーナ

あかりをつけましょ、ぼんぼりに〜
お花をあげましょ、桃の花〜

ごにんばやしの ふえたいこ〜
きょうは たのしい ひなまつり〜


今日は3月1日。3月の始まりですねー。
そして日曜は3月3日。ひなまつり。

この時期になると、なぜかひな祭りの歌が頭に浮かんでくるんですよね。

僕は男兄弟しかいないので、ひなまつりとは無縁の家族構成でした。
でもなぜか分かりませんが、ひなまつりの歌が自然と頭に浮かんできます。

きっと僕の中に眠る、日本人のDNAが、そうさせてるのかもしれませんね。

そうそう、知ってると思いますが、ひなまつりって、桃の節句とも
呼ばれていますよね。
(僕はこのことを知ったのは社会に出てから随分とたった頃ですが・・・)

節句は5つありますが、有名というか、聞いたことがある節句は

桃の節句
端午の節句


は誰でも聞いたことがあるかと思います。

ちなみに僕は、この2つしか知りませんでした(苦笑)

節句は日本の独自の節目を表す言葉です。

人日(じんじつ)の節句(1月7日)
上巳(じょうし)の節句(桃の節句とも言われます)(3月3日)
端午(たんご)の節句(5月5日)
七夕(しちせき)の節句(7月7日)
重陽(ちょうよう)の節句(9月9日)


の、5つの節句が存在しています。

ちょっと専門的な話になるかも知れませんが(僕は専門家ではないですけど)

5つの節句は、五節句と言われ、1年の中でも特に

「変化のエネルギーが高まる」

とされているので、聞いたかことがあるかもしれません。

で、3月3日のひな祭りですが、日本古来の神話を現したものでもあるようですね。

まあ、中国から伝わってきたといった諸説もありますが、
今回はそのことには触れず、神話からのひな祭りのお話を。

諸説色々ある中での1例としてのお話になるので、その点だけはご了承くださいね。

ひな祭りは、アマテラスオオミカミと、スサノオの物語を象徴した
お話と言われています。

お内裏様がスサノオノミコト
お雛様がアマテラスオオミカミ

三人官女は3人の娘(宗像三女神)
五人囃子は5人の息子(五柱の男の神様)

をモチーフにしたお祭りですね。

他には、結婚式などでも儀式として今も使われてのが

お神酒と三三九度ですね。

お神酒の由来も、桃の節句に由来します。
その由来は

ある時、男の神様と女の神様が生まれました。

男の子は手に木の実を持っていました。
その実を植えました

すると植えてから3年後の3月3日に、見事な木へと成長し、
その木には、百の花と、百の実がなったと言います。

そうして名付けられたのが、百百(もも)=桃となるわけです。

そして生まれた男の神様は、「桃雛木の神様」
女の神様は、「桃雛実の神様」

と呼ばれるようになったのです。

月日は流れ、男の子と女の子は大人になります。

そして二人は3月3日の結婚をしました。
桃の花が咲く木の下で誓いを示すお酒が飲み交わされました。

これが後にお神酒と言われるようになったとのことです。

桃の花が咲いたのが生まれて3年目の3月3日だったこともあり、
3杯ずつ3度、お神酒を飲み交わす儀式が始まったとされています。

三三九度の杯の始まりですね。

そしてその後、新しい神様がたくさん誕生していったのです。

ちなみにですが、お神酒には身を浄化する役割もあります。

邪気や罪やケガレを払い、流れに乗っていけるようにお神酒を飲む習慣も
定着していくことになったと言われていますね。

人は社会で生きている以上、どうしてもエネルギーが不足したり、
ネガティブなエネルギーに晒される頻度が多いと思います。

毎日とは言いませんが、たまにはいつも頑張ってる自分を労わりながら、
日本古来から伝わる仕来りを感じてみてはいかがでしょうか?

きっと邪気やケガレがが祓われて、エネルギーを満タンで
新しい何かに取りかかれると思います。

それでは良い週末&良い3月を。


PS

今日の感謝の言葉はこちら
気分が良くなる、ひな祭りの歌に感謝

この記事を書いた人
稲村龍慶(イーナ)
イーナこと稲村龍慶です。現在は五感がとっても刺激される、心地よい大自然の環境の中で、活動中です。
「全ての出来事は必然であり、必要なご縁・情報・チャンスは必要な時に必然的にベストなタイミングで現れる」をモットーに、目の前のご縁や流れを大切に活動しています。
ブログでは、田舎に住みながらのビジネス活動や、地域創生活動などを発信していけたらと思ってます。たまに厨二病全開のイタイ内容や、過去の恥ずかしい話などもするかもしれません(笑)
僕は他の執筆者のように、すごく役立つような話はできませんが、いつも頑張ってるあなたにとって、ちょっとした心の休息になるような記事を発信していけたらなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
それでは今日もあなたの心が、優しい光に満たされますように。














姓   名 

メールアドレス 






関連記事一覧

メルマガ登録


 


島田晋輔のメディア


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
PAGE TOP
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes